山田宏のニュースリリース
山田宏のニュースリリース

講演やフォーラムなどの山田宏が出演するイベントなど、告知情報等に関するニュースリリースをご案内しています。

News

4月26日(金)八重山日報 掲載「新元号『令和』に思う 下 〜世界の先頭に立つ和の精神〜」
2019.04.26

【4月26日(金)八重山日報 掲載「新元号『令和』に思う 下 〜世界の先頭に立つ和の精神〜」】

八重山日報さんのご了承を得、転載いたします。
**********************

新元号「令和」に思う 
                            
 「令和」には「和」という文字が入っていますが、この「和」の思想こそ、日本人の魂の根源にあるものです。
それは、聖徳太子の十七条憲法にある第1条「和を以て貴しとなす」という言葉からもわかります。
人と人の調和だけでなく、自然と人の調和も重んじてきました。仏教など新しい宗教や思想が入ってきても、日本古来の神道との習合が進められてきました。明治以降も、近代文明と伝統とを、外国人が驚くようなかたちでみごとに融和させました。

 このような日本の「和」の精神は、これからの時代、これからの世界において、極めて重要な意味を持ってくるでしょう。
東南アジアやインドなどで世論調査をすると、「信頼できる国」として、常に圧倒的に高い支持を集めるのが日本です。中国やアメリカの信頼度は低く、その上その両国が対決する時代を迎えています。

 その米中対決という時代の先に、国と国、人と人、宗教と宗教、自然と人間、最先端技術と伝統が調和するような日本の「和」の精神に、必ず世界の関心と注目が集まってくるはずです。
その時わが国は、その伝統精神を高らかに掲げ、世界の新しい平和と繁栄の受け皿を先頭に立ってつくっていく気概を持たなくてはなりません。

日本という国の「芯」と日本人の「和」という伝統精神を顧み、新しい時代に向けた「気」を養う時こそ、「令和」の時代なのだと思います。

 

4月25日(木)八重山日報 掲載「新元号『令和』に思う 上 〜皇室と日本語が「根っこ」〜」
2019.04.26

【4月25日(木)八重山日報 掲載「新元号『令和』に思う 上 〜皇室と日本語が「根っこ」〜」】

八重山日報さんのご了承を得、転載いたします。
**********************

新元号「令和」に思う 
                            
 5月1日より「令和」という新しい元号となります。ご存じのようにこれまで「元号」は、漢籍(中国の古典)からのみ選ばれてきましたが、今回史上初めて、国書である『万葉集』から選ばれました。

 『万葉集』は現存する日本最古の歌集というばかりでなく、その中は天皇や貴族ばかりでなく、庶民の歌まで数多く採録されています。
これは素晴らしい日本の伝統です。
今回「令和」の出典となった『万葉集』巻第五の梅の花32首も、「梅の花を愛でる楽しい宴に集った人々が、官位の上下を問わずに詠んだ歌」が集められたものです。

「令和」の出典となった「初春令月、気淑風和」という箇所が、中国の詩文集『文選(もんぜん)』にある「仲春令月、時和気清」の句の影響を受けている、とか、梅の花は当時、外来の植物として珍重されたものだという指摘も出されました。それも日本文化の素晴らしさではないかと思います。

 わが国は、外国から文物を取り入れそれを日本化してきました。
そもそも「漢字」自体、中国由来のものですが、日本人は漢字を使いつつ、そこから「かな」をつくり、やまと言葉で詠まれていた和歌をその「かな」で表記し、記録するようになりました。

 では、日本において、外来文化の「皮」をどんどんむいたところに残る、わが国しかない「芯」とは何でしょう。それは山上憶良の次の歌によく象徴されています。

「そらみつ 倭(やまと)の国は 皇神(すめがみ)の 厳(いつく)しき国 言霊(ことだま)の 幸(さき)はふ国と 語り継(つ)ぎ 言ひ継かひけり」。

 これは、憶良が後輩の遣唐使たちに贈った歌です(『万葉集』巻第五)。
当時の先進国の唐にいっても、卑屈になることはない。日本には日本の素晴らしさがある。
中国は革命の歴史で皇帝が幾度も殺され王朝が覆されているが、日本の天皇は代々続いている。
非常に安定し、仲がよく尊い国である。
また日本では、和歌の伝統が示しているように、さまざまな言葉のなかに魂がこもっている。
日本人は言霊が世の中を動かすことを信じて、美しい言葉を使ってきたではないか。憶良はそう歌い上げたのです。

この「天皇(皇室)の存在」と「日本語」。これこそが、日本の「芯」であり「根っこ」ではないでしょうか。

 

News topics【最新のニュースリリースを20件表示しています】

このページのトップへ