山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

9条改正のない憲法改正は意味がない
2017.05.03

〜産経ニュース・憲法施行70年 改憲議論、重い足取り 「与野党協調」路線で9条は対象外に… 〜

 

 憲法改正を支持する国民のほとんどは、憲法9条に「自衛隊」を明記することを求めている。
9条改正のない憲法改正は意味がない。

 朝鮮有事やミサイル攻撃、尖閣諸島などへの侵攻が現実問題となり、世界の安全保障環境が大変化している中で、「自分の国は自らの手で守る」ことを基本としない国の平和と国民の安全を誰が守ってくれるというのか。
トランプ大統領の登場は、日本人がどこまで目を覚ますことができるかが問われている。

ほとんどの国の憲法では、「侵略はしない」と規定する場合、一方で「侵略をさせないため軍隊を保持する」と明記している。
 

だが日本国憲法は、9条1項で「侵略はしない」と規定していながら、「侵略された時は他国にお願いする」としているのは、国際常識からしても「お花畑」で非常識だ。

憲法改正点は色々あるが、「侵略はしないし侵略もさせない」と常識的な規定にしていくことが先決だ。
具体的には、憲法9条1項はそのままにし、2項を改正し「わが国の平和と国民の安全を守るため自衛隊を保持する」としたい。

 多くの国会議員の賛同を得るため、現9条は変えず3項追加も現実的か。

いずれにせよ、憲法9条の補強改正を避けた憲法改正は、国際情勢からも改正を求める国民の期待に応えることにならない。
ここは自民党がしっかりしなければならない所だ。
もし9条改正見送りの可能性があれば、国会法の規定に則り、賛同する参議院議員50名で9条改正案を提出することも想定したい。

http://www.sankei.com/…/p…/news/170503/plt1705030005-s1.html

独立回復記念日ー国民の安全と自由の根源である「国家としての日本」を取り戻す決意を新たにしたい。
2017.04.28

今日はわが国の独立回復記念日。
 65年前の1952年4月28日サンフランシスコ講和条約が発効し、わが国は7年間の米国の占領から主権を取り戻した。
わが国が7年もの間、外国統治されたことを知る国民は今や少ない。
沖縄はさらに20年も米国の占領が続けられ、1972年に本土復帰を果たした。
 米国統治下の7年間に、現憲法をはじめ今の法体系の基本が作られた。
つまり米国の主権、事実上の主権者マッカーサーの命令で制定されたものだ。
 また11の宮家51人が皇籍を離脱させられ、そのために今日、皇位継承者の減少問題に直面し、常に皇室存続の危機にさらされることとなった。

 7年間の米国の占領政策の基本は、日本が再び米国の挑戦者にならないように、国家として弱体化させ、米国に従属させ、日本人としての誇りや名誉を粉々にすることにあった。
そして7年間の間に、米国の意向に沿う日本人達を各界のリーダーにすえ替えた。

 独立回復記念日。
国民の安全と自由の根源である「国家としての日本」を取り戻す決意を新たにしたい。
 
 どの国でも当然の「自分の国は自らが守る」規定の無い憲法ではなく、国防に当たる「自衛隊」を憲法に明記すべき。
 また皇位の安定的な継承のため、マッカーサーが廃止した旧皇族の復帰検討も必要。
 そしてロシアに奪われたままの北方領土を取り戻すまでは、本当の意味での主権回復の日は来ない。

渡部昇一先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます
2017.04.18

渡部昇一先生がご逝去された。
二ヶ月程前にあるパーティでお目にかかり、車椅子の先生にご挨拶した際「少し痩せられたかな」と心配したが、先生は笑顔で励ましてくださった。

私は11回の選挙を経験し3回落選したが、落選の度に渡部先生の門を叩いてお教えを乞い、私の国家観・歴史観の柱が出来た。

サッチャー元首相の信念を形成したとされるハイエクの「隷属への道」、中村粲先生の「大東亜戦争への道」、

パル判事の「パル判決文」などを、先生のご指導のもとで丹念に読み議論をさせていただいた。

また昭和の軍事史や頼山陽の「日本楽府」なども勉強させていただいた。

 

30代の時に、マッカーサーの「日本が戦争に飛び込んで行ったのは、ほとんどが自国の安全のためだった」という証言を教えて頂き、

その時に覚えた証言の英文の原文を何故か暗記していたら、新しい歴史教科書採択時の杉並区長としての答弁に役立った。
資料は一次資料に当たらないといけないと知った。

 

渡部先生は、私が杉並区長時代に、お隣の練馬区から杉並区に転居され、区長時代も何かとご指導いただいた。
私のパーティや会合にもほとんど出席していただいた。
私にはなくてはならない大先生だったし、日本にとってなくてはならない碩学だった。

 

今我が国は、「戦後」の大きな分岐点の中で、国家としての自立の道を踏み出し始めなければならない時。
もう少し先生にはお元気にご指導頂きたかった。
本当に悲しく残念の一言に尽きる。
渡部先生ありがとうございました。
どうか安らかにお眠りください。

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

このページのトップへ