山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

真の「国家としての自立」を
2019.05.07

国書初出典の令和の時代。

その歴史的な役割は、真の意味でわが国の「国家としての自立」を果たすことだ。

元号引用の大伴旅人の子は、あの「海ゆかば」の原典である長歌の作者・大伴家持。

また遣唐使廃止を建言した菅原道真の母は、大伴氏の子孫・伴真成の娘。

皇室を「芯」に唐の影響から自立する時代。

 

 

翻って現在の日本は、国家の形はあるが、国家として真の自立を果たせているとは言えない。

第1に「自分の国は自分で守る」という普通の国の憲法になっていない。

第2に、占領期の11宮家の皇籍離脱で、126代続いてきた男系による皇位継承が危機にあり、日本の「芯」である皇室の消滅に繋がりかねない。

 

 

第3に、国のために尊い犠牲を払われた英霊に対する、天皇陛下の靖國神社ご親拝と首相の参拝が、戦後長らく行われてきたのに現在は途絶えたままだ。

国家国民を守るため尊い犠牲を払われた方々に対し、国として感謝の誠を捧げ御霊安かれと祈るのは、国家としての当然の義務だ。

 

 

「自分の国は自分で守る」旨の憲法改正、男系による皇統維持のため旧皇族の皇籍復帰や養子縁組など皇室典範改正、靖國神社への天皇ご親拝と首相参拝の再開は、真の「国家としての自立」のためやり遂げねばならない課題だ。

その上で「和の国・日本」というコンセプトで世界に臨む新戦略を打ち出したい。

「殉国七士廟」参拝
2018.09.10

今年も愛知県三ヶ根山「殉国七士廟」を参拝。ここに、東條英機元首相ら東京裁判で絞首刑となった7人の方々のご遺骨が葬られている。

昭和35年にこの地で盛大な葬儀が催された。

  

 

昭和天皇は、昭和54年5月に愛知県豊田市で開かれた全国植樹祭に行幸された折、わざわざ遠い三ヶ根山のグリーンホテルに宿泊された。翌朝6時に天皇皇后両陛下は、部屋の窓際にお立ちになり、三ヶ根山山頂に向かって15分間じっと頭を下げられていたそうだ。

 

 

独立回復後の短い期間で、全国の約4千万の国民の署名が集まり、処刑された方々も含め全て「戦犯」の名誉回復が国会決議によって行われた。そして戦犯とされた重光葵は外務大臣に、賀屋興宣は法務大臣になっているし、処刑された7人の方々も「公務死(戦死)」である。わが国に「戦犯」など存在しない。

動かぬ証拠の一例【竹島は日本の領土】
2018.03.02

1905年の2月22日、閣議決定を経て島根県知事が管轄にあることを告示した。

日露戦争以前の1899年に大韓帝国が発行していた地理教科書「大韓地誌」には、大韓帝国の東端を東経130度35分と記しており、竹島(東経131度52分)は含まれていなかったし、また「日本海」と単独表記していた。

なのにわが国が敗戦し占領下にあった1952年、韓国が突如一方的に占拠した。

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

このページのトップへ