山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

わが国の子供達に「歪められ、捏造された歴史」に対し頭を垂れ続けさせないために‥
2015.12.29
昨日の慰安婦問題に関する日韓合意。
絶対にやってはいけないことをやってしまった。
 
改めての「首相のお詫びと反省」と「10億円の提供」だ。
「何を反省し何に謝罪したのか」を曖昧にして「お金」を出せば、わが国が「慰安婦問題」という虚構の歴史を認めたことになり、「河野談話」の再確認となった。
 
 岸田外相談話「両政府は、今後国際社会でこの問題で非難や批判を控える」とあるが、「慰安婦問題」の嘘の解明に、もう政府は関わらないというのであればとんでもないことだ。
国家の貶められた名誉の回復と真実の歴史の解明は、国家としての基本的な義務だ。
私は絶対に追求を止めない。
 
 米国を保証人に立てて「最終的かつ不可逆的に解決された」としても、「歴史は繰り返す」。また裏切られるだろう。
 今回の合意を批判する野党が「合意破棄」を掲げて朴政権にとって替わり、結局「日本国総理の謝罪」と「日本国の拠出金」という事実だけが残る。
「合意破棄」の理屈はいくらでも考えられる。
 
 韓国と仮に「合意」しなければならないとしたら、昨日書いたように「合意できなかったことに合意する」という「agree to disagree」しかない。
 
 またそもそも年末に「合意」を急がなければいけない理由もわからない。
その本当の理由に「合意」の真実が隠されているかもしれない。
 
 今回の合意は、「朝日」も社民党も村山元総理も早速絶賛していることだけを見ても、「間違った」と思わしめるものだ。
 
 私は改めて、わが国の子供達に「歪められ、捏造された歴史」に対し頭を垂れ続けさせないために、「慰安婦問題」、さらに「南京虐殺」などの歴史の大嘘を暴き糾していくことを誓う。
軽減税率について~税制は公平公正がいのち。なるべくシンプルにするべき~
2015.12.21

国民の皆さんからの声で今最も大きいのが、軽減税率への疑問だ。

私も大いに疑問だと思っている。

 

果たして、2000年以降、消費税ないしは付加価値税を新しく導入した国で、軽減税率を導入した国は一つもない。
それは軽減税率というものがいかにおかしいか、皆わかっているからだ。
軽減税率は、金持ちも軽減されるわけだ。
なんの低所得者対策になっていない。
低所得者対策というのであれば、1回税金をとって、低所得者に所得に応じて還付するというのがシンプルだと思う。
付加価値税ないしは消費税を最近導入した国の低所得者対策は、ほとんどこのような還付方式がとられている。

軽減税率は、線引きが難しい。

牛丼を店で食べれば10%で、テイクアウトなら軽減の8%にするという。
同じものなのにおかしいではないか。

 

税が複雑になれば、それだけ脱税や益税等の問題が発生する。
複雑な社会であればあるほど、税制はなるべくシンプルなものに。
税制は公平公正さがいのちだ。

「従軍慰安婦」「南京虐殺」は、敗戦後の歴史捏造の最たるもの
2015.12.14

「従軍慰安婦」「南京虐殺」は、敗戦後の歴史捏造の最たるもの。

「南京」捏造普及にも朝日が深く関わった。
朝日新聞は、1971年に本多勝一記者による「中国の旅」というルポを40回にわたって掲載し、他の朝日系列の「朝日ジャーナル」「週刊朝日」「アサヒグラフ」などの媒体も総動員して、本多記者が中国で取材したという「日本軍の残虐行為」について散々報道した。
だがこれは一方的な証言ばかり。
一切裏付けなどとらず、中国側が用意した「証言者」の言葉をそのまま報道したもの。
これは本多記者も、「私はただ代弁しただけ。抗議は中国にしてくれ」と述べたと言われ、本人も認めている。
まさに「慰安婦」報道における「吉田証言」と同じ構図。
朝日は、中国側と共闘して「日本軍叩き」をしていた。

「南京虐殺」記録が、中国側の申請でユネスコの「世界記憶遺産」に認定されたことは憤慨にたえないが、かれらが「証拠」と称する文書や写真も世界の舞台に載せられたということを逆手にとって、その「証拠」一つ一つの信憑性の無さをを世界中に明らかにできる機会でもある。
これは国の仕事だ。
と同時に、「慰安婦」の記事と同様、朝日新聞には、この本多記者の「中国の旅」という連載が、ほとんど裏付け取材もせずに、一方的な中国側の言い分を載せ続けた責任をとり、記事の撤回を求めていかなければならない。

 

http://www.sankei.com/politics/news/151213/plt1512130023-n1.html

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

このページのトップへ