山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

「抗日戦争勝利式典」の主催国や主要な参加国は、当時の日本と正面から戦った国ではなく、どこか「後ろめたいもの」を持つ国々の集まり?
2015.08.24

【安倍首相、9月の訪中見送り…安保審議など考慮 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)】

 

賢明な判断。
中国と話し合う必要があるなら、11月のフィリピン・セブ島でのAPECの場でいい。
中国の「抗日戦争勝利式典」などという機会に合わせて訪中すれば、首相の意図がどうでも、相手は「日本が詫びを入れにきた」などと何とでも言える。
「村山談話の毒消し」の「安倍談話」も意味が薄れてしまう。

「抗日戦争勝利」というが、そもそも日本が国として戦った相手は、欧米が支援していた蒋介石の中国国民党政府であって、当時「吹けば飛ぶような存在」だった中国共産党とは戦っていない。
「抗日戦争勝利」を、今の台湾(中華民国)が言うならわからないでもないが。

式典参加予定と報じられている韓国は、当時「日本国民」として中国と戦っていた側で、多くの朝鮮半島出身者が日本軍人として志願し、朴大統領の父・朴正煕元大統領は日帝国陸軍の優秀な将校だった。

また参加予定のロシアは、終戦1週間前の8月9日に、日ソ不可侵条約を一方的に破り参戦した。

この中国の「抗日戦争勝利式典」は、このように主催国も主要な参加国も、当時の日本と正面から戦った国ではなく、どこか「後ろめたいもの」を持つ国々が集まっているのも気になる。
そのような機会に日本国の首相がのこのこ出かけていけば、いい笑い者にされるだけではないか。

そもそも中国の今回の「抗日戦争勝利式典」時の訪中を、安倍首相が本当に「検討」していたのだろうか。
この報道にも疑問を持っていたが、今回の「訪中なし」との報道でホッとしている。

8月15日
2015.08.15

8月15日。

70年前の正午に全国民が天皇陛下の戦争終結お言葉を聞いた。

私の父は、海軍航空隊の少尉として厚木基地で迎えた。

正午に召集がかかった時は、陛下からは「一層奮起せよ」とのお言葉を誰もが予想していたそうだ。

だが、玉音放送が始まり暫くして敗戦がわかると、すすり泣く者、茫然自失の者、ヤケを起こして駆け出していく者など、基地内は糸が切れた凧のような状態になったと、今年90歳の父の話。

そして「その日の朝も戦友達は何も知らずに飛び立ち、還って来なかった」と。

結果として父は命がつながり、そして今の私がいる。

もし玉音放送がもっと後だったら、父もなく、私もこの世に生まれなかった。

父の前に国のため、家族のため、愛する人のために、尊い命を捧げ犠牲になってくれた多くの人達がいたからこそ、私がいるのだ。

私だけではなく、今ある人々の人生は皆、その命を捧げてくれた英霊の尊い犠牲の上にある。

その事に思いを致せば、有難い自分の存在と人生を、若くして散ったその方々の分まで大事にして生きていこうと、力が湧いてくる。

だから私は11年間の杉並区長時代、成人式では必ず英霊の方々の遺書を紹介し、若い人達に、その方々の分まで大事に人生を生きることを伝えてきた。遺書の力は偉大で、杉並の成人式は、しーんとした厳粛なものになった。https://www.youtube.com/watch?v=h5xs5swpWZg

 

 安倍首相談話。

これからは、首相が替わる度に「村山談話を継承していく」などと言う必要がなくなったことも良かった。

これからは、聞かれたら「安倍談話を引き継ぐ」と言えば、それで済む。

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

このページのトップへ