山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

母校の思い出〜都立国立高校
2012.11.28

母校である国立(くにたち)高校は、最近は同窓会の会長をお引き受けしている関係で、何度も訪ねる機会がある。

 

今日、校門の前に寄って写真とっていたら、下校する生徒たちが見ているので、ここの卒業生であることと次の選挙の立候補予定者であることを伝えたら、妙に盛り上がっていた。

 

「やっぱり、母校は暖かいなぁ」

 

 

私は高校入学後ラグビー部に入った。いや実は、入れられた。

入学したときには、私はサッカー部に入ろうと思って、グランドで練習風景を見ていたら、私の前に楕円形のボールがコロコロと転がってきた。そこにドカドカと泥んこの汚い一団が、汗臭さ一杯に走り込んできた。そこで私は、そのボールを拾って普通に投げ返しただけだった。

 

そしたら、、、

 

「うまい!!君、素質あるよ。ラグビー部に入れ」と、一団では一番イケメンの人にうまくのせられ、そのままずるずると練習に参加することになった。結局私にとって、考えてもいなかったラグビーが、大学、社会人と、その後の人生を大きく形作るスポーツとなった。

 

人生は、あの楕円形のラグビーボールのように、何がどう転ぶか予想もつかないものだ。

 

私にとって高校は、ラグビーに明け暮れた三年間だった。苦しい練習に何度もめげそうになったが、高校二年のときに、東京大会で準決勝まで行けたことは、大きな自信につながった。 そのときの怖いキャプテンが、いま杉並区の中学校の校長をやっておられる。

 

楕円形のボールのような、不思議な縁が次から次に続いている。これからもこうなんだろうなと思う。

東京19区で頑張ってます!
2012.11.26

中学、高校時代を過ごした東京19区(国立市、国分寺市、小平市、西東京市)で活動をはじめて、駅やスーパーの前で演説をしていると、懐かしい方に何十年ぶりかで出会ったり、また日本維新の会への関心と期待が意外と大きいことに、たくさんの元気をいただいている毎日だ。

 

メディアでは、杉並区長だった私が「落下傘候補」のように報道している向きもあるが、本当は19区に元々縁のある候補は私だけで、他の方々は皆さん他の地域から19区を選挙区として選ばれて活動された方々なのに。。。

 

まっ、いいか。。

 

昨日、何十年かぶりに私が住んでいた国分寺市富士本のあたりを通ったら、な、なんと!私が子供時代住んでいた家が、そのまま残っているではないか!!周りの家々は、結構新しく建て替わっていたのに、まるで私を待ってくれてたかのように。(下の写真)

 

 

嬉しさとともに、さらに気合いの入った一日だった。

東京第19区選挙区(国立市・国分寺市・小平市・西東京市)に決まりました
2012.11.17

本日私は、日本維新の会の東京第19区選挙区(国立市・国分寺市・小平市・西東京市)における衆議院議員候補者として発表されました。

 

 長年続いてきた自民、そして民主党政権の「決められない政治」「進まない政治」に一日も早くピリオドを打ち、実際に自治体改革を進めてきた石原代表と橋下副代表、そして全国で立ち上がる多くの同志と共に、「かしこく力強い日本」を取り戻すため、「もう我慢ならない!」と思いを同じくする国民の皆さんと一緒に大勝負をかけていきたいと思います。

 

 私は、長年お世話になりました杉並区でと希望しておりましたが、党本部からの要請で東京第19区となり、特に杉並区民の皆様には本当に申し訳なく思っております。しかし日本は迫る危機にあり、わが国が抱え込んできた多くの課題の根こそぎ解決を図っていくために、新たな気持ちで頑張ることを決意しました。

 

 私は国分寺市立第三中学校と都立国立高校の卒業生で、第19区の地域は子供から青年時代を過ごした「ふるさと」。私は子供たちが育った「ふるさと」杉並で政治家としてスタートし、今度は私が中学・高校時代を過ごした懐かしの「ふるさと」で、新たな国政改革の火ぶたを切ります

 

 

 これまで長い間、至らぬ私をお支えくださいました皆様。特に杉並区の皆様。

 本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 これからは日本そのものの再生を果たし、「よい国日本」をさらによい国にして子供たちに引き継げるよう、私の全てを投げ打って頑張ることを通して、皆様にご恩返しをしていきたいと願っております。

 

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

このページのトップへ