山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

日本維新の会と太陽の党の合流について
2012.11.17

日本維新の会と太陽の党が合体し、これまでの日本維新の会の掲げてきた基本政策を柱に、党名も日本維新の会、そして代表に石原前都知事、代表代行に橋下市長という、新たに充実した布陣で今回の総選挙を闘うこととなった。

 

私は、日本維新の会が、その理念と政策を実現するために、望ましい布陣になったと思う。なぜなら、都知事として様々な実績をあげてきた石原氏と、大阪市長として今現実に改革を進める橋下氏という、いわば東西自治体の「自治体改革の雄」がツートップになれば、必ずこれまでの「決められない政治」「進まない政治」に大きな風穴を空け、日本再生の道筋が開けてくると確信するからだ。

 

そして私も、その一員として全身全霊で頑張りたいと、改めて誓いたい。

 

私は27歳で都議会議員、35歳で衆議院議員を務めて、41歳で杉並区長に就任したが、首長として自治体経営に携わってみると、議員だったときと比べ、政治や行政への見方が大きく変わった。

 

一言で言うと、議員は予算の使い道ばかりに目を向けがちだが、首長は「使えるお金をいかに生み出していくか」に心を砕く、ということだ。

 

これは首長と議員という職責の違いによるものだが、まさに首長を務めるということは、「経営者」としての経験と見識を積んでいくということ。だから、議員として当選回数を重ねるということは、「多くの有権者に支持され続けている」という点では立派なことではあるが、しかし当選回数と「国家経営者」としての資質と見識が備わっているかということは、必ずしも一致しない。

 

つまり、当選回数が多いことと、首相や大臣という「国家経営者」の職務が務まるということとは、全く別次元の話ということだ。

 

石原前都知事と橋下大阪市長という、ツートップをもった日本維新の会に期待してもらいたい大きな理由の1つは、まさにそこにあると思う。

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

 

【最新ブログ記事のページへ】
このページのトップへ