山田宏の公式ブログ
山田宏の公式ブログ

山田宏の公式ブログ「やまぞーが行くぞー」公開中!
政治に関する考えから、日々の気づいた事柄まで何でもご紹介致します。

Blog

刀剣と和鉄文化の伝承を
2017.12.03

島田二郎元安来市長のお招きの講演で島根県へ。
昨日は奥出雲の「たたら製鉄所」を訪ね、今ではただ1人の村下(むらげ〜たたら製鉄の最高職人)の木原村下にお会いした。
たたら製鉄とは、古来からのわが国独自の製鉄法で、砂鉄と木炭を粘土で固めた炉の中で3日間燃やし続けて鉄の塊(和鉄)を作るもの。
あの「もものけ姫」で、女たちがふいごの板を踏んで火を起こしている場面のあれだ。
たたらの鉄の一番高級な部分を玉鋼(たまはがね)といい、硬くて粘りが強く、中まで錆びない特質があり、昔から日本刀の大切な原材料として珍重されてきた。

最近は「刀女子」と言われる女性の間で日本刀が人気だ。
海外では居合いブームで、日本刀への関心が高まっている。
しかし日本の刀鍛冶が作れる刀の数を年間24振りまでと、事実上制限しているために、世界で中国産やタイ産の日本刀まがいが横行している。
これは憂慮すべき事態だ。
これではメイド・イン・チャイナが、日本刀の標準ブランドになりかねない。
日本で刀というと「危ない」という反応が一番多いが、刀剣は日本の文化にとって必須の工芸品だ。
代々天皇継承の象徴である三種の神器の一つは刀剣だし、今でも皇室に皇子様が誕生されると短刀を贈る伝統が続いている。
また伊勢神宮の式年遷宮の度に、古来から百数振りの刀剣が新しく奉納されきた。
明治までは、刀剣がわが国の最大の輸出工芸品の一つだったし、現在の国宝約1200点の中で、写本を除けば刀剣が約110件と最も多い。
しかし明治の廃刀令以降、刀鍛冶数も激減し、敗戦後の占領期に刀剣は米軍に目の敵にされて、刀剣制作技術の伝承が途絶えかかったが、今日約200人の刀匠が頑張っている。
美術品としての刀剣は、奥出雲のたたら製鉄で生産される玉鋼無くして存在できないだけでなく、刀剣は研ぎ師などの仕事や、鞘や漆、鍔や飾りや紐などの刀装の職人芸を支えてきた。
さらに和鉄を使った和釘は、今の洋鉄と違って芯まで錆びないために、法隆寺や仏像などの数々の木造物を長年維持してきた。
刀剣と和鉄の文化をしっかり伝承していくことが、日本の文化の伝承にとって極めて大事だ。
そこで思いを共有する議員で、刀剣と和鉄文化を伝承する議員連盟を、来年早々に立ち上げて貢献したいと考えている。

 

【食べられる楽しさ】
2017.07.28

昨日は、文京区にあるカフェ「Kamulier(カムリエ)」を訪ねた。
「噛むリエ」を意味する名前が示すように、病気や加齢によって「噛めない」「飲み込めない」方々にも、家族と一緒に食事の美味しさや会話を楽めることをコンセプトに、歯科医療器機メーカーのGCという会社がオープンしたカフェだ。

「いつまでも何でも美味しく食べられる」ことが、人生にとってどれ程素晴らしいことかは、病気になったり年をとって初めてわかる。
口や歯の機能が落ちて、噛めない、飲み込めないとなると、だんだん流動食のようなものに偏って低栄養で弱るだけでなく、噛まないことで認知症のリスクが高まる。

「Kamulier」では、飲み込みやすいスウィーツ(美味しいです)が食べられるだけでなく、冷凍で全国どこでも届けてくれる。
また、ともすれば飽きやすいレトルト介護食を使った料理教室や食べやすいおしゃれな食器等も販売し、専門家が噛む楽しさをサポートしてくれる場所だ。

「食べられる楽しさ」は、それを失って初めてわかる人生を豊かにしてくれる生活の質そのもの。
いつまでもできるだけ多くの人が、この楽しさを享受できるよう、「Kamulier」のような場所が各地にできてくればいいなと思う。

 

カミリエ カミリエ2

中国資本による北海道侵食の現地調査 7/24
2017.07.24

今日も、中国資本による北海道の不可解な土地買収の視察。

 

【写真 ①】
ここは伊達市の「トーヤレイクヒルゴルフ倶楽部」。
平成15年に経営する「洞爺湖リゾート」が倒産し、22年に香港の投資会社が買収した。
しかし今だに放ったらかしでぺんぺん草が生え、コースも原野に戻り、人影は見当たらない。
実はこの中国系企業は、このゴルフ場も含めこの辺りの山林907haも所有し、一部は別荘地のように宅地開発しているようだが、「関係者以外立ち入り禁止」で誰が住んでいるのかわからないという。
だが居住者用と思われる、ゴルフ場に隣接する無人のガソリン給油施設は稼働しており、不気味だ。

写真①

 

【写真 ②】
蝦夷富士の美名をもつ羊蹄山の麓、喜茂別町にある「一逹国際privateゴルフ倶楽部」。
平成13年にセザールCC羊蹄としてオープンしたが、15年に同社が破綻、中国の投資会社が買収。
以後14年間ここは、事実上中国人オーナーの別荘がわりとして維持され、ほとんど利用されていないという。
写真のように、ゴルフ場への一本道に赤い小さな看板が立つのみ。
道は未舗装の砂利道で、ここも「関係者以外立入禁止」。
210ha(東京ドーム45個分)の広大な土地。
中国人オーナーは、ゴルフ場周辺を別荘地として開発するとのことだが、開発は進んでいない。

写真②

【写真 ③】
羊蹄山の豊かな水は、日本を代表する名水。
写真はふきだし公園の水源地。
霊気が感じられ清々しい。
ここから車で約30分の赤井川村に「アカイガワ TOMO シムバイオリゾート」がある。
約270haの森林内にある3つの釣り堀には、白井川の支流が流れ込む。

写真③

【写真 ④ ⑤ ⑥】
去年5月にシンガポール企業の日本法人が買収し活用法は未定としてきたが、今月28日一部キャンプ場オープンと小さく掲示してあった(木に貼ってある紙)。
270ha(東京ドーム58個分)の土地に、さらに道路を挟んでほぼ同規模の土地の買収も進んでいたことも、今回の視察で新たに判明した。
同行の小野寺前道議は、「道からの2つの入り口を閉めると、誰からも干渉されない閉鎖ゾーン。
大きな川も流れて自己完結型に生活が可能」と話す。
「中国人の移民を受け入れるような流れになっているが、そうした中国人がここにも住みつく可能性がある」と小野寺氏。
「両サイドを山で閉ざされているこの場所は、中国人民解放軍の施設ができてもわからない」と事情を知る在日中国人の指摘もあると言う。
現在マレーシアのジョホール地区では、7万人のチャイナタウンができると大問題になっている。
私たちにとっても他人事ではない。

写真④

写真⑤

写真⑥

 

 

 

【写真 ⑦】
北海道の状況をさらに詳しく知りたい方は、今回のツアーで解説をしていただいた宮本雅史記者の著書「爆買いされる日本の領土」を、是非ご購読ください。

写真⑦

 

Blog topics【最新のブログ記事を20件表示しています】

このページのトップへ